魚をさばく

6月某日、三平三平の生まれかわりと名高い、当社一の釣りキチ O氏がタイを釣ってきました。

別名、「丸進の魚紳」と本人はいっています。

(実はタイだけではなく色々な魚種を釣っています)

私はタイを頂いたので、では、さっそく食べるためにさばく事とします。

魚は大小関係なく鱗を取らねば食えません。煮つけにしたり

して汁に鱗がいっぱい・・・気持ち悪いですね・・・。

アマダイなんかは鱗付きで揚げたりするようですが・・・

時間かけて、鱗を包丁で丁寧に取り除きました。あと、背びれ

むなびれはハサミで切り落とします。

 

 

また、内臓の画像有(ごめんなさい・・・。気持ち悪い映像が嫌いな方は

ここまで・・・。御付き合い頂きありがとうございました。)

 

 

 

 頭は食べませんので切り落とします。焼きもしません。

さあ、三枚におろすぞ!

ああ、使い古しの 万能包丁では切れません!!

包丁を引けませんでした。だから、ゴリゴリ切ったら三枚におろせません。

骨にだいぶ身が付いてしまいました(笑)

 

 

軽~く、塩をまき、水分を取ります。

昆布〆!

私は、買ってきたり、釣った魚を生では食べたことがありません。

ほとんど、火を通しますが、今回初めての昆布〆。

 でも、身がパサパサ。ハズレの魚でした~、残念!!

昆布〆は昆布のエキスが出て、「ねば~」としますが、いい味でています。

 

 骨のアラ部分はトマト煮にして食べました。

普段はこんな料理にして美味しく食べてます。