考えてしまう・・・

先日、近くの池に釣りに行くとこんなでかいのが釣れました。

ブラックバスです。

特定外来生物ってやつですね。

 

原因はいろいろあると思いますが、元々いた、クチボソや鮒

、ヘラブナ、鯉エビ、ヤゴ等食い尽くして、水生の環境破壊

の要因とされる一種です。

おまけに、こんなでかい(写真のもの)のです。

在来生物を食らいつくし、共食いもはじめている、池自体も

生態系のピラミッドが崩壊している末期的な状況とも思えます。

困ったやつです。

しかし、本当に困ったやつはブラックバスではなく人間ですよね。

このブラックバス。

人間が放ったものかもしれませんし、鳥の足に卵がついて運ばれて

来たのかもしれません。

(戦前、芦ノ湖に試験的に放流されたのはおいといて・・・)

近くの池から池へ渡ってきているのです。媒体は何であれ。

最近、カブトムシ・クワガタ等も、人間のエゴで、古くは昆虫図鑑

にしか乗っていなかったようなものが輸入され、それが逃げたり、

放したりして、在来生物と交配し異形のカブトムシ

クワガタが発見されていると聞きます。

生態系を壊しているのは人間なのに、勝手に人間のエゴで、

購入しては、逃がして、外来種として指定され、忌み嫌われ、

騒ぎ立てられる生物にやはり、罪はないように思えます。

もうこれ以上、外国から生物を持ち込んで飼育してはいけない

と思います。

図鑑で楽しんだり、インターネットを使って、生きている姿を見て楽しむ。

それではいけませんかね?

それが嫌なら、【外来種】なんて指定をなくすしかないですね。

 

それと、これからブラックバス釣りを始めようと思っているあなた。

「あっちの池にバスがいないから、この池に放してバス釣りのメッカにしよう」

なんて、思っても、実行してもいけませんよ。