鶴見川と遊ぼう(不定期連載 第2回)

前回の鯉に続き、「また魚かよ!!」 です。

「ずいぶん偏ってないか?」と思われてしまいそうです。

これで「鶴見川と遊ぼう」といえるのか?

いえいえ、遊んでいるのです。鶴見川の魚と。

この鶴見川、多種多様な魚が泳いでいます。

(亀も、エビも、スッポンもどきも)

主なものでも以下の通りです。

 コイ、フナ類、ウナギ、ナマズ、アユ、オイカワ、

アブラハヤ、クチボソ類、カマツカ・ドジョウ類、

メダカ類、ハゼ類、ボラ、クロダイ、

ブルーギル・ブラックバスの外来魚類、

南の国の怪しい魚類、

または海からの回遊魚・・・

そして!スズキ(鱸)です。

 「魚釣ってみよう!」と思っても、これだけの魚種が対象となるのです。

魚と遊ぶうえで、なんて豊富なレパートリー。

釣る方法もバリエーションに富んできます。

 

 前回の「パンプカ」ではないので、簡単には釣れないでしょう

(もちろん簡単に釣れる事もあります)

子供と行っても「お父さん釣れないね~」なんてのも言われる

かもしれません。

この不定期連載、何も子供と一緒に遊ぶためのコーナー

という訳でもないので、見て頂いた方の趣味を広げる

なんて意味合いがあっても良いではないですか!

えっ?ところで、どこでどうやって釣ったって?

当社へ来店されたらお伝えしますよ。(笑)

あっ、某釣具屋みたいだ。

 

次は違う視点から「鶴見川と遊ぼう」を書き込みます。