☆流行り言葉万歳☆

先日来店した3人組。3人の内訳は「姉」「妹」「妹の彼氏」である。

 

姉妹は20歳を若干越えた、見た目は大変今時風な姉妹でした。一方「妹の彼氏」は、私と面識のある男子。

今回は姉妹2人で住むと言う物件を探しているということで、

「妹の彼氏」が私のところに連れてきてくれました。

 

見た目は大変今時でしたが、まあ、話す言葉も大変今時。

 

室内に入った瞬間「ヤバーーーイ!マジ、超オシャンティー!!」。

 

おしゃ、おしゃ、オシャンティーですか??(カタカタでいいのかな・・)

なんとなくニュアンスで「オシャレ」という意味なんだろうなとは思いましたが、苦笑いですよ。

会話の中に「マジ」「ヤバイ」「ウケる」「オシャンティー」「超」がマシンガンのように入ってきまして、

少しの間固まりましたが、そこで負けてしまう私ではございません。(笑)

 

流行り言葉なんていうものはいつの時代にもあります。

いずれ廃れて「その言葉はもう古い」と言われる時期がきます。

正しい日本語には古いも新しいもありませんのでね、正しい日本語だけが残ることになるのでしょう。

 

その姉妹は結局素敵なお部屋を見つけることが出来まして、

後日、電話で申し込みたいと連絡してきました。

電話なので1対1での会話になります。

あんな今時言葉を使っていても、1対1だと普通に話せておりました。

 

ちょっと嬉しかった。(笑)