佐藤 航 の記事一覧

地元『中山』【望月直樹】選手の応援に行ってきました。

2016 年 12 月 11 日

中山出身のプロボクサー【望月直樹 選手】の応援に地元の方々と後楽園ホールに応援に行ってきました。

2016.12.6(火)第5試合に参戦

フライ級9位の望月選手は格上の同級6位の阪下選手との対戦で、この試合はセミファイナル戦

勝てばファイナルに出場できる重要な戦いです。

おそろいのTシャツを着て応援に望みます。中には望月選手のお友達の関取も応援に来ています。

望月選手(左)は163cm22歳×阪下選手(右)は167cm25歳

試合開始。この第5試合からラウンドガールの登場。みんなで一生懸命手を振りました。

試合は終始 望月選手の安定した攻撃で優勢と感じられます。

望月選手はこの時も応援の声が聞こえていたと言っていました。

落ち着いていたのでしょう。

『スリップ』・・・

毎ラウンドの30秒前はみんなで望月コール!ラウンドガールのお姉さんがこちらを向いて手を振ってくれると

男性人は『オォー』と喜ぶから 男って、単純・・・・

試合はジャッジ3対0の圧勝判定勝ち!

これはチャンピオンも夢ではないかも。

見たところダメージも無く戦い切った望月選手。

我々応援団も大喜びと安堵感を味わった日でした。

ドラマ【まとわりつく女】シリーズから

2016 年 11 月 5 日

【捨てないで・・・】

 

 

そして

 今回の 主演 ムロツヨシ さん

男前。

 

そして捨てられてしまう女性は・・・

黒澤はるか さん

最近はTVCMでも活躍している女優さんなんです。

 

こんな綺麗な女性をお部屋の・・・

舞台はこちら・・・

2時間程で何も無いお部屋を美術さんが作りこみました。

スタッフさんは俳優さんと共にさらに増えました。

お話の内容は残念ながらお教えできませんが

このお部屋のどこかががポイントなんです。

放送は来年の3月頃だそうです。

映画 【デスノート】出演で話題の・・・

2016 年 11 月 1 日

映画【デスノート】出演の 池松壮亮さんからサインをゲットしました。

 

 

向かって右手の方です。

 

 

またまた映画の撮影協力しました。

2016 年 9 月 26 日

9月24日(土)と25日(日)の2日間に渡り映画の撮影がありました。

 

舞台は中山町に40年以上建つ『第一いずみ荘』

 

作品は 『夜空はいつでも最高密度の青空だ』

2017年秋全国公開予定です。

そして中山町の『第一いずみ荘』に来た役者さんは

 

池松 壮亮 (いけまつ そうすけ)さん です。

有名な作品ですと 『ラストサムライ や MOZU』に出演しています。

 

シーンは 隣人を尋ねドアを ドン ・ ドン ・ ドン ・・・・

 

室内からの返答は無く ドアを蹴破る シーンなどです。

カット数が多く何度もドアを力一杯叩く池松さんの手はかなり負担がある様で

冷やしている姿も見えました。

 

 

車の横に立つエプロン姿の方々は近所の主婦の設定で

出演者の方々です。

 

 

室内は暗い為、外から光を取り入れています。

今回も池松さんの写真はとらせてもらえませんでしたが

間違いなく私が肉眼で撮影風景を確認しました。

 

 

ハートフルタウン寺山 近況報告

2016 年 9 月 5 日

2016.9.4撮影

寺山町に誕生する【ハートフルタウン寺山】です。

現在は造成工事中です。

ここに全7区画の宅地が誕生するのですが既に2区画は契約が締結しました。

でもまだいい場所はあります。

個人的にはこの写真ですとパワーショベルのある辺りがオススメです。

それではまた変化の様子をUPします。

同志道ツーリングに行ってきました。

2016 年 7 月 15 日

同志村に通ずる同志道をツーリングしてきました。

古くなってしまった100CCのスクーターを125CCの小さくてかわいいバイクに乗り換えました。

名前はホンダ『グロム』です。

スクーターとは異なりクラッチと4段ギアーがあるタイプです。

バイクに慣れる目的もあり約180Kmの道のりの走行です。

 

道中は当然下道only.

信号が多くて渋滞ばかりのR246から下りると田舎道を山中湖方面に向かいひたすら走ります。

途中の景色に見とれる事はできませんがのどかな農道・見下ろすとぞっとするくらい高い所に掛かる橋・

ワインディングの続く山道の走行を楽しみます。

ツーリングは暖かい空気、ひんやりした空気を感じられます。

海にも良くは入るのですが海水も同じよに温度差の境を感じます。

運転にも余分な力が抜けた頃、目的の『同志道の駅』に到着です。

 

この天気で急に雨がパラパラ。山の天気は分かりません。

きれいな川は釣り人も沢山います。

ここからは帰路なんですが、以前 丸進の小野がぬるい『同志の湯』の話をしていたので

確かめに行きました。

同志の湯

この時間バイクでこられている方は居ませんでした。

同志の湯は大人600円ですが横浜市民は割引され390円で入浴出来ます。

お湯は40.7℃ 確かにぬるかった。 この日は暑かったのでちょうど良い湯でした。

帰りは宮ケ瀬ダムを経由したのですが水不足を実感、水位は低いのは一目瞭然。

節水を心掛けます。

同志の道の駅にて

緑区出身のプロボクサー応援に行ってきました。

2015 年 12 月 6 日

12月2(水) 後楽園ホールで行われた『ザ・グレイテストボクシング』に行ってきました。

切っ掛けは毎週末お世話になっている近所の(とん八)とんかつ屋さん紹介で《望月選手》を

丸進一丸で応援する事になりました。

この日行われる試合は全9試合。望月選手は6試合目です。

21歳の望月選手は7勝(5KO)1敗の若手ホープ、今回の試合が初めての8回戦試合との事です。

       入場です。

緑区出身21歳の若手選手。7勝(5KO)1敗 今回の試合が初めての8回戦試合との事。

緊張の様子は感じさせず堂々たる入場。好感度ある選手に感じました。

試合開始のゴング・・・『カーン』

対戦相手は元日本フライ級ランカー。半年ぶりの復帰戦との事だがこの日の為に鬼のような猛練習を積んできたと言うだけあって両者1歩も引かない攻防戦。

互角の戦いです。

1R終了。

ちゃんとラウンドガールもいます。

望月選手は表情の変わらないポーカーフェイススタイルで終始不安無い

戦い方です。

経験豊富な渡邉選手を見事に追い込んでいきます。

気付けば7R。もう目がはなせません。

8Rを戦いきり、見事判定勝利!!

終始安定した戦い方でした。

 

 大船散歩

2015 年 7 月 18 日

大船駅東口から鎌倉湖畔循環バスに乗りぶらり途中下車してきました。

出発は大船バスターミナル⑤番乗り場です。

バスは前乗りで、スイカをタッチ。 『どちらまで』 ・・・運転手さんの声に 『えっとぉ・ ・白山神社まで』

およそ20分の乗車で到着。周囲を見渡しても神社が見当たらない・・・

迷う事10分。無事到着 この日の目的はここでは無いのでお話は先に進みます。

ここから更に歩く事15分。山あいの景色になり、どうやら目的地はゴミ処分場の先の様です。

そして到着。

これが見たかった滝です。

この隣には・・・

滝壺には降りる事ができます。

周りには誰もいなく ひんや~り感じます。

 

そして階段を上り上からのショットも

 

この階段 コケで少し滑ります。

かすかに見えるのが雄滝です。

そして登りきると・・・

 

鎌倉でもこの辺りは観光客も少なく というか私だけ・・・

参拝料も掛かりません。

まだまだ興味のそそられるところが多そうです。

ここからは今泉『l高級住宅地』を抜けいざ鎌倉へ。

たいした地図も無く道に迷い目的地にも立ち寄れず

そんなぶらり散歩ですが、風致地区指定が多くされた鎌倉は

歩くには本当に興味深い所です。

高尾山ハイキング

2015 年 5 月 8 日

鎌倉ハイキングに続き第2弾。

3月末の高尾山、登頂を目指します。

ここは高尾山口下車から間も無いケーブルカー乗り場前。

料金は大人片道480円、往復930円。

なぜが片道分のチケットを購入したのですが、この事で後戻りをしない

決断をする事となるとはまだ思ってもいませんでした。

何かと無精者。ケーブルカーの写真がありません。

高尾山のケーブルは日本で一番傾斜角の厳しい35度の斜面を登って行きます。

その傾斜は車内でも手すりにつかまっていないと転がってしまいそうなものです。

 

そしてこれが下車すぐの展望台からの眺め。既に十分な眺めを望めます。

世の中には何度も来ている方も多い事と思います。

我ながら見聞の乏しさを承知してます。

天候に恵まれ見事な快晴。雲ひとつありません。

 ここからはいざ高尾山の表参道を歩き頂上を目指します。

途中にはいくつものパワースポットがあります。

是非行った事のない方はご自身で・・・

参道には立派な杉の木が建ち並び思わず自然の歴史を感じさせられます。

そして この階段は男坂。階段なのに・・・

男坂があれば女坂もあります。

女坂は緩やかな上り坂です。

この男坂は計108段の階段でして、人間の煩悩の数と同じです。

1段登るごとに煩悩が1つ消えて行くといわれています。

煩悩とは・・・人間の心身の苦しみを生みだす精神のはたらき。

除夜の鐘と重なりますね。

そしてこれが薬王院の奥に佇む大本坊。

境内を通り越しここに。

後に調べたところここは 精進料理を頂ける所だそうです。

この建物の脇を歩いてみました。

どうやら正式なルートでは無いようです。

裏手に回ると銭洗い弁天が・・・あまり知られていないのでは。

洞窟はかがんで入れる程の狭い穴です。

恐る恐る中に入ると奥行きは無く入口から数メートル位で

鉄格子でふさがれており

怖くて写真は撮れませんでした。

ご興味のある方は是非ご自身の目で

ご確認ください。

無論、お金を洗いました。

ここからは一気に頂上へ。

やはりコースからははずれていました。

すれ違う人もまばらでした。

 

頂上は大勢の人でにぎわっており、おまけに新しい建物も建設中で工事で

雑然としていて唖然。頂上にたどり着いた実感というか・すがすがしさというか・達成感も無く・・・

少しがっかりすると共に、かなり不満足。

ここが富士山と共にミシュラン3星に選ばれた観光スポットなのかと・・・

 

辺りを見回すと帰路とは別にどこかに続くであろう道がある事に気付き足を踏み入れることに。

ここからは奥高尾。

やはり奥深いと感心しつつも 頂上の写真を取ることが出来ませんでした。

 

ここからは足元も悪く、起伏も激しい山道です。

さあ。ここがほとんどの方の終点の様です。

景色も良く開け、ここでござを敷き少し早いお昼ご飯を満喫しています

脇道はまだまだ山奥に通ずる模様。

ここから先には進べきではなかった・・・

ご覧のように雰囲気はなかなかの物です。

人気は全く無し。

「やばいなぁ・・・。だいぶ歩いてきたし ここから引き返すには気が重すぎる。

この先はいったいどこに通ずるのか?道があるからには大丈夫だと自分に言い聞かす。

ケーブルカーの切符は片道分だから戻らなくてもいいかぁ。

そろそろおしりの筋肉も攣り始めて来た・・・

時刻は11時過ぎ、日暮れの心配はとりあえず無い。

眼下には何か見えないか? 家は?

ここはどの辺りであろうか?

最寄り駅は?

携帯アプリ Around Me で 駅を検索してみよう。

高尾山。だめだ遠い。

あれ 看板があるじゃん。人気はあるんだな

(ニホンザルによる被害対策の為、花火による追い払いを行っております)

ほぉ。

つうか、狩猟はしてないよね? 俺、サルに間違えられないよねぇ。」

 

てな感じの妄想に襲われ、この景色を目にした時の喜びは何ともいいがたい。

あぁ。よかった。

あの湖は何処。ここで今一度 Around Me 。

最寄り駅は  【相模湖】

とりあえず山はもう登らずに済みそうだ。

でも、かなり遠い。

相模湖て行った事 無いけどやっぱり駅は湖のちかくだよなぁ。

とにかく山を下りて町を目指します。

(ちなみに人 一人見かけませんでした)

 

通りに出て一安心。

この道はバス通りでバス停を見ると八王子駅行きのバスが走ってました。

思わず誘惑に負けそうになりながらも、いざ 相模湖へ。

道が開け、もう少しといったところまで・・・

相模湖に到着。

相模湖八景 御供岩。

「その昔、ヤヨとキヨという二人の若者がおりました。

ある晴れた日に相模川にて漁をしていると、網の中に御身体が上がってきた

二人は恐れ尊みて村の中段に祠を造って祀った。その後この里に疫病が流行り

火災も頻りとおこりこれは尊き御身体を不浄の地に祀ったその為だと思い

現在の与瀬神社に安置したところ災難が収まり、その後 霊験あらたかな神として

参詣人がひきもきらなかったという。

ちなみに ヤスとキヨの子孫は現在も 精神衆と呼ばれ祭事に奉仕している」

との事です・・・。

ここから駅までは目と鼻の先でした。

鎌倉ハイキングコース散策

2015 年 3 月 27 日

はじまりは、まず銭洗い弁天から。この日は平日で観光の人も少なく少しさびしい感じ・・・。

人が歩いていないから道のりも少々不安。

さて、 本日の資金洗浄。

源頼朝が霊夢(おつげ)に従い見つけた湧水に宇賀神(人頭蛇身)を祀ったとされています。

後に、北条時朝が霊水で銭を洗って一族が栄えた事が由来といわれています。

はじまりはここから・・・

まずはここをくぐります。

 

次は佐助稲荷へ。

仕事運・出世運UPに御利益があるといわれているそうです。

古代は農作物のみのりをもたらす神とされ転じて商売繁盛、出世、学業に御利益が

あるとされたようです。源頼朝が宿敵平家を倒した後お礼として社殿を立てました。

それが稲荷神社です。

鳥居の右上には表札見たいな物に寄贈者の名前と住所が・・・緑区とか都筑区の方の名前を発見!

ここからしばらく山道。大仏ハイキングコースです。ちょっと気張りすぎたかと思っていたトレッキングシューズがちょうどよく

役に立ったよ。

以外に足元が悪かったので靴底は泥だらけ。

鎌倉にはこの切通しを歩きたくって来たのです。

なんか わくわく する!

本当は行きたい切通しがあるんだけど落石で通行止め。

残念。その分ここで満喫しようって思ってた・・・。

国宝:鎌倉大仏 高徳院本尊

1252年から約10年の歳月をかけ造立されたとの事。

中も入っ見ましたよ。

昔々、遠足以来の大仏様です。中には入ったけかなぁ?

記憶が遠くて思い出せない・・・

続いては長谷寺。現在、宝物館は改修中にて休館中です。

時期にはアジサイで彩られる景色なのですが・・・

長谷寺のこの建物の中には大きくて立派な回すものが・・・

ちょっとチベットぽかったよ。

経蔵(輪蔵)りんぞう 内部に書架と呼ぶ回転式の物があり、これを1回転回すと

中に収められている一切経(大蔵経)をすべて読誦した功徳が得られるとの事。

もちろん回しました。後日知ったのですが、書架は毎月18日と正月3が日しか回せないとの事。

じつにラッキーでした。

次は八幡宮、続いて報国寺。竹のお寺。何とも雰囲気が良さそうだなぁって。

少し遠いのですがなんのその。江ノ電で鎌倉駅へ

この日は幼稚園の入園式だった様で父兄の方の姿も。

何とも八幡宮の境内に通園は素晴らしく御利益がありそうと思ってしまう

わたしは我ながら浅はか・・・。

報国寺の休耕庵(茶席)です。

ここではじめての 「お抹茶」を頂きました。 雰囲気がいいからおいしいねぇ。

抹茶のお菓子も苦手なわたくし事です。

洞窟の様な穴は足利氏一族の墓です。

岩肌をくりぬいて作られた横穴式墳墓です。

平地の少ない鎌倉特有の墳墓だそうです。

ここからはバスで鎌倉駅に戻る予定・・・のはずでしたが

なんかここまで来る途中にあった看板に「釈迦堂切通し」がどうしても気になる!

通行止めと聞いていたけど・・

どうなってるの?少し遠くから見えるかな?ここまで来たし。行ける所まで。

やっぱり通行止め。チェーンだけ?

て事で。やっぱ通行止め!

でも見る事ができて感激っす!やっぱりすごいいないぁ。

落石注意の看板が緑がかっていてすこしこわっ って感じです。

少し肌寒いし・・・

元仁元年、北条泰時が亡き父、義時のため釈迦堂を建て供養したそうです。

当時は立派な釈迦堂が建っていた事でしょう。今はトンネルの中にあるほこら

五輪の塔が据えてあります。

資料から張り付けましたよ!

 

ここから少し迷子になってしまい気付くとこんなところに・・・

これが本日最後のハイキングコース。ここからは道なき道。

立て看板にはハイランド と書いてありました。

恐らく衣張山ハイキングコースです。

右手にはペットのお墓・・・

 

森?ていうか道が無いし。轍も無いし草をかき分けって感じで

超不安。

うおおっ。

途中こんない景色も。

そして名越切通しへ

1時間位だったか・・・さまよって

開けた景色にキョエー!

ここ何処???

どうやら横須賀線のトンネル入り口の谷の上。

こんな狭くて、しかもこの先一部鉄板道。

まさに 「ファイト。1発!!!」

完全に迷子。これハイキングコース?ほんとに?

振り返ってカシャ!

ここからはナビでいざ鎌倉へ

さらに目指したのは極楽寺。

結構 歩いた。お尻が突っ張ってきたし。

江ノ電。あともう少し・・・

この線路向こうに和の建物が。ランチ1980?

今度は是非行ってみたい!

御霊神社。(ごりょうじんじゃ)

関東平氏五家 鎌倉氏、梶原氏、村岡氏、長尾氏、大庭氏の5氏の霊を祀る。

権五郎神社。

そして江ノ電踏切を挟み・・・

「最後から2番目の恋」 ハマったドラマでした。

カフェ長倉?だったけ、 本当はカフェ坂の下?え、なんでしたっけ?

http://www.sakanoshita.info/  ←詳しくはこちらをご確認ください。

〆はここ。

ここから先は写真撮影禁止でしたのでここまで。

 

ここ極楽寺、お寺入口の隣にはシャレタ シャツ屋がありました。

なぜここに?

今回のハイキングの切っ掛け・・・この日の先週の事、海に行ったら吹き続く風で海は荒れグシャグシャ。

逗子まで出てもグシャグシャ。手ぶらで帰る途中に「鎌倉歩きたい」と思い、思い付く限りの装備を買いそろえこの日を迎えました。

この日を切っ掛けにハイキングにはハマったのは言うまでもありません。

その証拠にこの翌週には高尾山にいてきました。

その内容は次回更新しますので是非見て下さい!