きかっけ。

先日の長嶺女史のブログですが、

変なお土産マスターってなんだ!!!

本当に変なの買って来ちゃうぞ!!!!!


どうもこんばんわ。軽部でございます。皆さん、いかがお過ごしですか?


さてさて、本日の題名である『きっかけ』ですが、

人生約75年ぐらいでしょうか・・・・(いきなり重くてすいません)

生まれた時はそれこそ言葉も喋れず、未来の夢は・・・・なんてことは全くありませんよね。

日々さまざまなことを体験・経験して行く中で、自分の糧になって行き成長の素となって行きます。

その人がどんな体験・経験をして行くかによって、人の人生は大きく変わって行くことでしょう。

人との出会いも人が変わる大きな要素の一つです。


でね、皆さん、『映画』って知ってますか?(←出た!ナイツばりのフリ)

約2時間の物語で感動を与えられ、ふとした時にその一場面が思い出されて、

自分の行動を決めてしまうことがあります。少なくてもわたくしはそっち派です。

映画の鑑賞料1800円。水曜日のレディースデーだと1000円。

さらにレンタル屋さんに行けば、300円ぐらいで自分の人生を大きく左右するぐらいの

糧を得ることが出来ることがある。

本もそうですね。文庫本なら500円ちょっとで勇気づけられたり、励まされたり、

これも大きな糧になる。ちなみに、わたくし、キャラ的に読書なんて言ったらみんな笑うんでしょうけど、

読書、好きなんですよ。一番好きな作家は断トツで『浅田二郎』です。

笑いあり、涙あり、義理人情ありで、浅田二郎の作品は全部読みました。

3、4回読んだのもあります。皆さんも良かったら浅田二郎、読んでみてください。


ちょっと話がそれましたが、先日、公休をいただく前日、久しぶりに休みの日の予定がなかった

ものですから、これは映画だろ~と思いまして、仕事帰りに近所のスーパーに寄り、

ポップコーンやらチョコレートやらを買い、これまた近所のツタヤに寄って映画を物色しておりました。

最新の映画が良いのではないので、パッケージの裏でストーりーを確認したりしたんですが、

どれもこれも良いことしか書いてない・・・・・・当たり前ですが・・・・・・・

そんな中、1時間ぐらい掛かりましたが、2本の映画をチョイスしました。

両方とも男くさいというか、戦争映画っぽいヤツ。


いざカウンターへ行きましてお会計でございます。



が・・・・・・・



会員証忘れて借りれず・・・・・・・・・




こういう場でも舌打ちなんかせず、笑って済ませることが出来るのは、

やはりいろんな映画なり本を読んで糧にしているからなんだとつくづく思いました。

ちなみに一番好きな映画は『グラディエーター』です。


じゃ、また。