感動間違いナシですね♪

今朝、ニュースを見ていましたら、ディズニーランドの心温まるお話が紹介されておりました。

 

15年程前にディズニーランドに来場したお客さんが、当時、身長制限で乗れなかったアトラクションがあったそうです。

そのときにディズニーのスタッフから『チャレンジャー証明書』というチケットを渡されたという。

 

『大きくなったらまた乗りに来てね。その時には並んでる一番前まで連れて行ってあげるから。』

 

ということが書いてあるチケットだそうです。

 

それから15年が経ち、たまたまそのチケットを発見した当時の小さなお子さんは、

ディズニーランドでそのチケットを見せました。

見せられたスタッフの反応は

『いらっしゃい。大きくなりましたね』と出迎え、笑顔で長蛇の列の最前まで連れて行ってあげたそうです。

今はその『チャレンジャー証明書』は廃止されているとのこと。

なのに迷いもせずに笑顔で迎え、15年前の約束を果たす。

こんな感動を与えられたら、このお客さんは一生ディズニーのファンでしょうね。

 

マニュアルがあったのかどうかなんて知りませんが、

普通なら「ちょっと確認しますので、お待ち下さい」とか、「もう廃止なので使えません」とか、

言ってしまうのかもしれません。

 

サービスというのはマニュアルも大事ですが、どうしたらお客さんが喜んでくれるんだろうって思える、

それぞれの気持ちがとても大切であると強く感じました。

 

ちなみに今は廃止です。

理由は定かではありませんが、この『チャレンジャー証明書』をオークションで売る人が結構居たらしい。

子供の夢を摘んではいけませんよね。